FC2ブログ

親子二重枠・篆書体斜め

明治中期の実務印 印譜からです。

明治時代の手彫り印鑑

今回は向かって右側のページ、中央の下から二番目の印影一つを紹介。

親子二重枠の手彫り印鑑

親子二重枠+斜めに字配りされた篆書体で、「荻田」です。

「荻」も絶妙な崩しですが、「田」は現在の字典にはなかなか載っていない崩しです。

知人の同業者さんから聞いた話では、この「田は字典に載っていない」と確認依頼が役所からあったそうです。

まあ、印鑑登録受付窓口の職員さんは文字のプロではないので仕方ない点もありますが、列記とした正式な「田」です。

今回は別の資料として大正時代の印章カタログから回転ゴム印の紹介を

大正時代の回転ゴム印 三越式

三越は知っての通りですが、白木屋というのが時代を感じさせますね。

「呉服屋用向」「實用品」

大正時代の回転ゴム印 三越式

書体が素晴らしいです。

大正時代の回転ゴム印 三越式

手書きを元に鋳造ですかね、それともゴム部分は手彫りか・・・

詳しくはわかりませんが、歴史を感じさせる素晴らしい回転ゴム印です。


印相体・開運印鑑とは

明治時代初期の印譜

何度か紹介させていただいている江戸時代末期からから明治時代初期にかけての印譜です。

これは朱で押されているものが多いので、明治時代に入ってからの印影ではないでしょうか。

手彫り印鑑 印影

今回はこちら。

手彫り印鑑 印影

インターネットは便利なもので、「小田縣(県)」と検索するとすぐに岡山県西部及び広島県東部とわかります。

左の印は読みやすい楷書体で彫られていますが、常用漢字とは多少形が違っていますね。

字典で調べてみたのですが、全く同じ形は無かったものの、似た作風がいくつもあり勉強になります。

右側の太枠細字(中輪細篆書体)の印影が薄くて残念ですが、この印譜の印影はほとんどが二つずつ押されているので

下に鮮明な印影の写真を。

手彫り印鑑 印影


太枠細字の場合は、文字を枠に付けない(内側に収める)作風が多いのですが、江戸時代から明治初期には、この様な

印面いっぱいに広げる作風も結構ありました。

古い印影ならではの折り畳みの多い篆書体です。

ブログ編集者

京都七福神の御朱印

タイトル通り、京都七福神の後半を紹介させていただきます。

京都七福神の御朱印


第四番 

京都七福神の御朱印


京都七福神の御朱印

丸の「遣迎院」「福禄寿」という印文は読めますが、角印は捺印状態が悪く印文が読めない事が残念です。

京都七福神の御朱印


第五番 恵美須神 護浄院

京都七福神の御朱印

京都七福神の御朱印

京都七福神の御朱印



第六番 寿老神 革堂

京都七福神の御朱印


京都七福神の御朱印


ブログ編集者
プロフィール

Author:三代目印章店主
古い手彫り印鑑の印影資料を中心に印相体撲滅に向けてマイペースで記事を書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR