FC2ブログ

近江商人

明治中期の実務印の印譜より。

日常的に使われていた印章を普通「実用印」と呼びますが、印鑑登録の「実印」と錯覚してしまう方が

いらっしゃるようですので、私はあえて「実務印」と呼ばせていただいております。


今回はお店の印鑑を紹介させていただきます。

手彫り印鑑の印譜 (明治時代)


見ていただければ細かい説明は不要ですね。

近江商人の手彫り印鑑

近江(滋賀県)、製造卸小売 八つ橋

八つ橋と言えば東京在住の私は修学旅行のお土産でしか食べた事はありませんが

この時代の八つ橋はどんな感じだったのか、今と変わらないのかなど、印影を見ただけで

想像が膨らんできます。

明治時代の手彫り印鑑

昔の印影はその時代の文化を反映していますので、印影を見ているだけでも飽きる事はないです。







八方篆書体

久しぶりの八方崩しです。   

明治中期の実務印 印譜より本物の八方崩しを紹介します。

八方篆書体

八方崩しについては何件か誤解されたお問い合わせがありましたので最近は紹介を控えておりましたが、

それでも過去の記事が検索エンジンに載っているので今でも結構問い合わせがあります。

新たな公開を控えても過去の記事を消さない限り検索エンジンに載っているので今回は久しぶりに紹介させてい

ただきます。


ここに載っている印影は紛れもなく「本物」の八方崩しです。 

あえて「本物」と書いたのは、今インターネット上で八方篆書体として紹介されているものは

私が紹介している印影を除き全て偽物だからです。

っと、強気でかなり厚かましい表現をしてしまいましたが、事実ですからありのまま書かせていただきました。
  
八方篆書体

どうです?

こんな感じの印影は印鑑販売店の書体見本にはありませんよね。

例外のような珍しい印影をピックアップしたのではありませんよ。

ごく一般的な本物の八方崩しです。

見方によっては何かの呪文(じゅもん)のように見えてしまうかも知れませんね。

この文字に神秘的な力が備わっているとお考えの方は是非こちら→ 八方篆書体 を読んで見て下さい。

ポイントは 印相体に似ているものの、判読できない文字で彫られているという事です。


八方篆書体 

戦前までの本物の八方崩しはどれもこんな感じで彫られていました。

何となく印相体に似ていても確実に違います。

その違いは「本物」と「偽物」の違いです。 

形が似ていても意味は大きく違います。

本物を知りたい方はこちら→目からウロコの開運印鑑

偽物を知りたい方はこちら→検索順位は変動があります






ランプ商

明治後期の手彫り印鑑です (印影)

手彫り印鑑 明治後期


「ランプ商」など今はまず聞きませんよね。

ビンテージ品としてランプを扱っているお店がもしかしたら「ランプ商」言葉をという屋号として用いている

かも知れないと思い、検索エンジンで調べてみましたが、ネット上では探せませんでした。

ランプ商という言葉は何件か載っていたのでそのホームページを見てみたら何とも情緒豊かな引き札が

載っておりました。

無断で掲載やリンクは貼れないのでここで紹介できないのが残念ですが、骨董品としてランプを販売している

のではなく、生活品として販売していた明治の光景をこの印影から想像し、思いにふけるなんていうのも

いいのではないでしょうか。

明治後期の手彫り印鑑



太極図 回文

明治中期の印譜より回文です (回文とは回り文字になっている書風の事です)

手彫り印鑑

現在商用の印鑑では回文が(最も)多く使われますが、明治時代から回文は多くなってきました。

今はほとんどが篆書体ですが、明治時代の回文は楷書体や隷書体も多用され、中には草書体の

回り文字なんかも案外多く彫られていました。

今回はこれです。

手彫り印鑑

中央上に太極図が彫られているのが見えますね。

太極図は易に関係する模様ですが、今の開運印鑑とは全く関係ありません。

その証拠に彫られている文字はきちんとした篆書体であり、印相体などというものは使われておりません。

まあ、こういうきちんとした文字と模様で彫られている印鑑の事を開運印鑑と呼ぶのでしたら名前だけなら

いいと思いますけど。

名前だけならですよ。

手彫り印鑑

真ん中の画像ではわかりづらいかとは思いますが、現在商用の登記印(会社の実印)で最も多く用い

られているサイズは直径18ミリですが、この時代は全般的に大きな印鑑が用いられておりました。

今と大きく違う事があります。

サイズ面ですが、個人の実印は昔の方が小さかったです。

しかし、法人の印鑑は昔の方が全般的に大きい傾向がありました。

個人実印のサイズについてはいずれ改めて記事を書かせていただきます。

明治の風情

前回と同様、明治時代の印譜より


手彫り印鑑
薬種商と彫られています。

薬局でこんな情緒ある小判型印鑑(印影)が押されていた時代があったんですね。

手彫り印鑑
こちらは旅館の角印です。

「お代済みですよ」という事ですね。


手彫り印鑑
最後は呉服商です。

どれも素晴らしいデザインです。

手彫り印鑑

今はこれほど大きな小判型印鑑はまず使われておりません。





プロフィール

Author:三代目印章店主
古い手彫り印鑑の印影資料を中心に印相体撲滅に向けてマイペースで記事を書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR