FC2ブログ

情緒あふれる昔の印影

タイトルの通りです。

昔は情緒豊かな印鑑がたくさんありました。

手彫り印鑑 完全手彫り





私は印章業界に蔓延する二つの深刻な汚点を何とかしなければと考えております。

性格は至って真面目なつもりですが、たまには遊び心も必要でしょう。

ここで一つ遊んでみました。

突然ですが、業界を汚しているペテン師を検索してみました。

クリックするとペテン師の画像が出てくる・・かも知れません。

「かも知れません」です。

断定はしておりませんので、登場してしまった方は怒らないで下さい。

では、クリックで検索スタート→ ペテン師の画像検索

笑顔でアホ丸出しのペテン師が沢山登場する   かも知れません。

尚、検索エンジンの順位はいろいろな要素を基に変動しておりますので、何かの具合で顔が

表示されてしまっても怒らないで下さい。 


苦情は無しですよ。

ペテン師をやめれば画像は表示されない   かも。




開運印鑑について
開運印鑑Q&A
手彫り印鑑について
手彫り印鑑の店

老舗の印鑑店(印章店)

印章資料というからには印影ばかりでなく他の資料も掲載させていただきます。

これは大正時代の印章業界誌の広告欄です。

手彫り印鑑 老舗 開運


古い印鑑 老舗 開運印鑑

「是迄に見た事の無い小型豆スタンプ」

いいですね このフレーズ



続いては募集広告です。

木口、彫りゴム印判師募集


最後は印章店の佇まい
東京 老舗 印鑑販売

開運印鑑商法などほとんど無いいい時代でした。






八方位・八方篆書体・八方崩し



今回も江戸時代の古文書より


八方篆書体 開運印鑑は全てインチキです

これは判読できますが印相体ではありませんよ。

あくまでも八方崩です。

違い? 写真の作風は明らかに八方崩しですが、明確な違いを言葉で説明するのは難しいです。

藩札研究家の間では九畳篆と唐草模様を組み合わせて作られたと考えられておりますが、これが「八方崩」で

これが「印相体」と違いを言葉で説明するのは難しいです。

では、どうしてこれが八方崩しだと断言できるのか。


インチキがある時代かそれ以前かが大きく違います。

「抽象的でわかりづらい」?

>徐々に本物の八方崩しを紹介していきますので目を肥やしておいてください。

八方篆書体 八方位 八方崩

書類は明治17年ですので、年代からだけで「本物」の八方崩しと断言できます。

年代からだけでという理由は簡単です。

その時代は印相体などなかったので、全て本物の八方崩しになります。

そうです。

印相体などというものは新しくできたに過ぎないものなのです。

歴史も何もありませんよ。

証拠ですか?

「印相体は昔から存在したという記録が無い」

これが何よりの証拠です。

存在しなかったのですから、記録というより古い印相体そのものがありませんので。

(印相体というものは近年創作されたに過ぎない印章業界の汚点の一つです)

印鑑八方位 篆書体

文責 はんこの印善




密刻 図入り印章

明治時代の印譜より

手彫り印鑑 竜紋 龍紋

吉祥模様が彫られた印鑑です

吉祥模様入り手彫り印鑑 吉祥印は吉相印とは違います

藩札彫り師の流れをくむ明治印判師の手彫り技術をご覧下さい。

定規の1ミリの目盛りと印影の線の太さを比べて見て下さい。

いかに細密な技術かがおわかりいただけるかと思います。

これはあくまでも普通のお客様からの注文品です。

技術競技会の出品作ではなく、普段の仕事でこのような印鑑を作っていた当時の職人さんの仕事には

頭が下がる思いです。

吉祥手彫り印鑑 【開運印鑑は全てインチキです】


関連記事

小判型 楷書体

明治時代の印譜資料を続けます。

小判型の手彫り印鑑です。

小判型の手彫り印鑑

小さい印鑑ですが、楷書体で綺麗に彫られています。


関連ページ
プロフィール

Author:三代目印章店主
古い手彫り印鑑の印影資料を中心に印相体撲滅に向けてマイペースで記事を書きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR